食生活ジャーナリストの会(JFJ) 2021年度第2回勉強会

Description
2021年6月30日 2021年度第2回勉強会のお知らせ
【テーマ】「牛乳」の事例を通して『 食の疑似科学を考える 』

★JFJ会員・学生は無料ですので、JFJホームページよりお申込みください。

【日 時】2021年6月30日(水)19時~20時30分(18時30分よりZoom入室開始)
【開催方法】オンラインのみ(Zoom)
【講 師】山本 輝太郎 氏(博士 情報コミュニケーション学)
     明治大学科学コミュニケーション研究所 研究員
     明治大学兼任講師専門:人文・社会 / 科学教育 / 科学リテラシー
【定 員】80名(@オンライン会議;ZOOM)

---------------------------------------------------
一般の週刊誌やネット媒体等を中心に、特定の食品について「●●は体に悪い」、「●●を食べると病気になる」など消費者を混乱させる根拠のない食の有害情報がくり返し見られます。一方で、「○○は体に良い」、「○○を食べると病気予防できる」などの情報も発信されており、こうした情報の真偽を調査検証するようなメディアリテラシーや自ら科学的に判断するためのサイエンスリテラシーの向上が求められています。前者でくり返しターゲットとされるものの一つが「牛乳」です。そこで、今回は牛乳を事例として、情報コミュニケーション学がご専門の山本輝太郎先生(明治大学研究・知財戦略機構)に、疑似科学を科学的に解説していただきます。ご講演後は、疑似科学情報を読み解くためのリテラシーの高め方、ならびに科学的根拠に基づいた健康情報の発信のあり方についてJFJ会員で議論します。

【講師プロフィール】山本 輝太郎 氏
山本 輝太郎 氏(博士 情報コミュニケーション学)明治大学科学コミュニケーション研究所 研究員 明治大学兼任講師専門:人文・社会 / 科学教育 / 科学リテラシー<研究業績(受賞歴)>「牛乳有害説に対する消費者向け科学リテラシー教材の開発」(乳の学術連合 「食と教育」学術研究 最優秀賞)、「教材利用者が有する先入観が科学教育に与える影響~ゲノム編集を例にして」(日本科学教育学会 奨励賞)、「疑似科学的言説に対する科学リテラシー向上を目的としたオンラインプラットフォームの開発」(日本科学教育学会 年会発表賞)、「介入実験ツールとしてのクラウドソーシングの有効性~ランダム化比較対照試験による情報リテラシー教材の効果検証を事例として」(情報コミュニケーション学会 研究奨励賞)など。作品等:疑似科学を科学的に考える:https://gijika.com/
---------------------------------------------------

*事前参加登録いただいた皆様には、後日YouTube動画を限定配信いたします。
(不具合で視聴できなかった方、急遽欠席になった場合も御覧いただけます)

<オンライン会議参加の環境条件>
 *PCで参加:マイク/カメラと「Zoom」アプリのインストールが必要。
 *スマホで参加:「Zoom」アプリのインストールが必要。
 *事前に接続テストを行ってください:https://zoom.us/test
 *Zoomシステム要件:https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697

 *入力されたメールアドレスあてに、開催日前日までに
  Zoom会議への入室用URL(会議ID、パスワード)が届きます。
  開催日当日の開場時間以降に、そのURLにアクセスして入室してください。

 *電話代やインターネット接続費用は、参加者側でご負担ください。
Wed Jun 30, 2021
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加(ZOOM)➡後日URLを送ります ¥1,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 29, 2021.

Organizer
食生活ジャーナリストの会
155 Followers

[PR] Recommended information